管理部門の求人に強い『パソナキャリア』

管理部門(経理、人事、法務、総務など)に強みがある厳選した転職エージェントを紹介

 

その前にまず知っておいていただきたいことがあります。それは、管理部門における中途採用募集は「即戦力としての高い専門性」が求められているということを知っておいてもらいたいのです。これは大企業になればなるほどその傾向が顕著に現れます。自分が今までやってきた業務の成果や実績、専門性を客観的に示す為の資格などをしっかりとアピールすることが非常に重要です。また、管理部門は調整役に回ることも多い為、調整力やファシリテーションなどのコミュニケーションスキルなども重要なアピールポイントになります。

 

また、一言で管理部門と言っても企業の規模や業種によって業務の内容・範囲や領域は違ってくるものです。求人の応募にあたっては表面上の仕事内容だけではなく、実際に雇用された場合にどのような仕事内容をどれくらいの規模で任されるのかをしっかりと把握しておく必要があります。

 

例をあげるとするなら、総務と人事を兼務させている企業もあれば、人事部の中をさらに細かく切り分けている企業もあります。大企業になれば採用に関してだけでも新卒採用と中途採用をわけている企業もあるのです。

 

経理の仕事に関して言えば、決算は何人で行っているのか、また、どこまでが内製化していて、どこからかアウトソーシングしているのか、その中で自分に期待されている役割は何なのか、などの詳細な情報を具体的に把握しておかなければ入社後に思い描いていた仕事内容と実際の仕事内容のギャップに悩まされることにもなりかねません。

 

基本的に中小・零細・ベンチャー企業などは管理部門の業務は膨大な物になります。単純に人が少ないからです。なので、中小・零細・ベンチャー企業などは1人で何でもできる人材を求めています。専門的な知識を有するスペシャリストよりも広範にわたる知識を有するジェネラリストとしての活躍が求められます。そして、大きな企業になればなるほど管理部門の業務は細分化されていき、配属先に関するより強い専門性が必要になります。

 

管理部門の仕事は同じ職種名や部署名であっても企業の規模や業種、サービス内容によって業務が大きく異なるので、自分自身の経験や過去行っていた業務内容、任されていた業務範囲などを正しくしっかりと採用担当者に伝える必要があるのです。応募先企業がどんな人材を求めているかを事前に把握しておき、さらに自分自身の経験をしっかり伝えることが双方にとってとても重要になるのです。

 

管理部門系の職種(経理・人事・法務・総務など)での転職をお考えの方や転職活動が難航している方は、ぜひ『パソナキャリア』に相談してみてはいかがでしょうか。きっと同業他社の転職エージェントにはない非常に有益なアドバイスや転職支援のサービスが受けられる事でしょう。

管理部門のへの転職に強い転職エージェント|パソナキャリアの評判と口コミ関連ページ

高年収の求人
外資系・海外の求人
女性も大歓迎の求人

このページの先頭へ戻る