キャリアアドバイザーとの転職カウンセリング【パソナキャリア】

担当キャリアアドバイザーとのカウンセリング

 

『パソナキャリア』へ登録が終わったら、次はカウンセリングです。このカウンセリングによって、どのような仕事が紹介されるか決まるので重要です。カウンセリングは電話で済ませる場合もありますが、『パソナキャリア』のカウンセリングルームで行われることが多いです。担当のキャリアアドバイザーと会って、これからのことを話していくことになります。

 

まずは登録された情報だけではわからないような、細かい情報をキャリアアドバイザーは質問してきます。どんな仕事をしてきていて、なんで転職をしようと思ったのか、そしてこれからどんな仕事をしたいかなどを、キャリアアドバイザーにきちんと伝えましょう。キャリアアドバイザーとしても、情報があいまいでは、うまく適合した求人を紹介することができませんから、話せる限りすべて話してしまうのがいいでしょう。

 

キャリアアドバイザーは、専任で担当してくれることが多く、ずっと付き合っていくことになります。お互いに正直に話すのが転職の近道ですが、やはり人間同士ですから、どうしても相性が悪いということもあるでしょう。そういった場合は会社に頼めば、担当のキャリアアドバイザーを変えてもらえることがあります。

 

やはり転職がうまくいきやすいのは、キャリアアドバイザーとうまく協力できている場合の方が圧倒的なようです。どんな場合でもコミュニケーション能力は大切ですから、キャリアアドバイザーとのコミュニケーションも転職の内だと思ってきちんと接するようにしましょう。キャリアアドバイザーとうまく意思疎通ができていないと、いつまでもずれた求人ばかり紹介されることになります。自分が何を希望としているのかを上手く伝えられるように努力しましょう。

 

もちろん遠慮なく意見を言って構いませんが、あくまでサポートしてくれる存在ですので、不平不満ばっかり言っていてはいけません。きちんとキャリアアドバイザーを尊重して、担当として最大限の力を発揮できるようにうまく付き合ってみてください。問題のある転職希望者だと思われてしまっては、あまりよい求人を紹介してもらえなくなるかもしれませんよ。転職活動がうまくいくかどうかは、このカウンセリングが重要となっていますので、それを忘れないようにしましょう。

 

←登録方法へ戻る

求人情報紹介へ進む→

転職カウンセリングの受け方|パソナキャリアの評判と口コミ関連ページ

求人情報紹介
書類選考
面接
内定獲得

このページの先頭へ戻る