入社意思の最終確認【パソナキャリア】

入社することを決めたら何をすればよい?

 

雇用に際して最終的に提示された条件を確認し、「ぜひ入社したい」という気持ちが固まったら、まず『パソナキャリア』の担当コンサルタントにYESを伝え、企業へはコンサルタントから通知される、という手順になります。その後の正式な雇用契約や入社日のスケジューリング、スムーズな退職のコツなどについても、コンサルタントのサポートが受けられるので安心してください。

 

内定は必ずしも受理しなければならないものではありません。が、1度「入社します」とコンサルタントを通じて伝えたあとでの内定辞退は、ある意味ルール違反に近いものだということは理解しておかなければなりません。もちろん、親族に不幸があって実家に戻って就職しなければならなくなった、というような特別な理由があれば別ですから、こちらもコンサルタントに相談して先方に状況を知らせましょう。

 

内定を受けるか迷っているという場合は、やはりそれをコンサルタントから先方に伝えてもらうことで、打開のためのチャンスを提供してもらえることもあります。方法は、職場見学や、先輩の紹介、採用担当者や上司との面接などが考えられますが、もし機会があるなら十分に利用させてもらって、内定について熟考してみましょう。返事の期限もコンサルタントを通じて、ある程度は伸ばしてもらえる可能性は高いです。

 

内定をもらい、入社する気持ちを固めた後に起こりやすい問題としては、もう1つ「今勤めている会社からの引き留め」があります。転職を決意した段階では、退社の意志もはっきり決めている人がほとんどだとは思いますが、いざ退職を伝えて、上司や同僚から強く引き留めを受けると、現在進行中でつながりのある人たちなだけに、強く出られなくなってしまうという人は非常に多いです。

 

強い引き留めにあった場合の対処法ですが、まず十分な引き継ぎ期間を持つことで納得してもらうという方法があります。これはコンサルタントに相談して、入社日をのばしてもらうことで解決できるでしょう。ただし、採用先の企業への入社を決めているのなら、「引き継げる人が見つかるまで」といった、不確定な引き延ばしは絶対にNGです。それから、「○日までの予定だったけれどやっぱり□日まで」というように、何度も延期することも避けましょう。

 

退社時の引き留めにうまく対処できていないと感じた時には、転職活動をはじめた時のことを思い出してください。その時にも相応の勇気を持って活動を開始したと思いますが、実際に退職する時には、もう少し大きな勇気が必要かもしれません。在籍している会社には誠意を持って退社日まで取り組むことを伝えつつ、退社の意志ははっきりと伝えることが大事です。

 

←内定へ戻る

入社の意思を最終的に判断する|パソナキャリアの評判と口コミ関連ページ

転職カウンセリング
求人情報紹介
書類選考
面接
内定獲得

このページの先頭へ戻る